フィルムを観に言うけれど…

前月位だったか、同士がある映像を映像館に観に行ってきたそうです。

映像の内容自体にはさんざっぱら満足したそうなのですが、人気のある映像だった結果、パンフが売り切れていてもらえず、さんざっぱら心残り思惑をしたとのことでした。

そういう課題を聞いたのがつい先日の事態。

丁度その明日に、おんなじ映像館にそれとは別の映像を観に行く予定だった結果、「仮にパンフが未だに売ってたら、買ってくるね」って申し出ました。

さて、その翌日の事態。連休の谷間のウィークデイでしたが、「ウィークデイには差異ないし、たいして混んでいないだろう」といったタラタラ出発しました。

だが映像館に対してみると、切符カウンターまでに長蛇の列ができていたのです。

なんだか自身が見るつもりだった映像が、自身が思っていた以上に話題になっていたみたいでした。

自分「ウィークデイだから混んでなさそう」として、この日に映像を観に来てしまったのかも…なんて思いながら列に並びましたが、結局カウンターに届く前に上映時間になってしまいました。

あの様子では、カウンターにたどり着けたとしても、観たかった回の切符は売り切れていたでしょうが…。

しかたないのでコンビニに行ったところ、同士が欲しかったという映像のパンフは売っていたので、それを買って帰りました。

どうにも友人のお使いだけをしに行ったような…とりわけ、そのためは喜んでもらえたのでよかったです。

キレイモ

フィルムを観に言うけれど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です